料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボン・ソワール みなさん(●^o^●)

今日はMIKIMOの好きなマスタードのお話。

マスタードはねぇ、やっぱりmaille(マイユ)ディジョン・マスタードに限りますねぇ

mailleのマスタードは辛味酸味コクのバランスが秀逸

ソーセージに塗って良し、ドレッシングに混ぜて良し。

mailleは1720年、フランスのアントワーヌ・マイユ氏がワインヴィネガーを作ったのが始まり。
当時、ペストが流行っていて、マイユ氏の作ったヴィネガーの抗毒性が注目され、一躍脚光を浴びたそうです。
それ以降、ヨーロッパの王室・皇室御用達ワインヴィネガー蒸留業者として発展していきました。
マイユのラズベリー(フランボワーズ)ヴィネガー 

そしてそして、このワインヴィネガーを使って発明したのが、マスタードなんですねぇ。
マスタードは日本語でいうと、ご存知「からし」なんだけど、ヴィネガーを加えることで、きつい辛味を抑え、まろやかなテイストになるんですよね。

下のはフランスで見つけたイチジクコリアンダー入りの粒入りマスタードです。


マスタード1   

これ、美味しいです イチジクのプチプチと甘さ、コリアンダーの香りがとってもイイ!

mailleはフルーツハーブスパイスを組み合わせるのが本当に上手い!

残念ながら、日本ではたくさんの種類はないようなので、フランスへ旅行したら是非買ってみてください



☆マスタードこぼれ話☆

フランスにいた頃、とある料理持ち寄りパーティーがあって、日本人の友人が五目寿司をライスボールにして持ってきました。

久しぶりの五目寿司にMIKIMOは大喜びでしたが、あるドイツ人の行動にびっくり

そのドイツ人はなーんと、五目寿司のライスボールにマスタードを塗りたくって食べてたんですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ああっ せっかくの五目寿司になんてことを

ドイツ人は何でもマスタードを塗るのかい?
韓国人が何でもコチュジャン塗るみたいな?

そうかい、そうかい。やっぱり君たちには繊細な日本料理の味はわからないんだね・・・・

いや、でも試す価値ありなのか?

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://mikimo777.blog.fc2.com/tb.php/67-84a46fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。