料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、本日は京都の美味しいものをちょこっとご紹介

京都というと、美味しいものだらけでまぁ挙げたらキリがないんですがね。

まずは代表格の鯖寿司

身の厚~いを絶妙な味加減でしめ、寿司飯とともにギュッと形作った棒寿司ですね。

本当にギュッと詰まっているので、3切れも食べたらお腹いっぱいです。

鯖寿司で有名どころだと「いづう」とか「満寿形屋」とか。

「いづう」のは本店に行かずとも四条の大丸でイートインできるのでお手軽です。

でも今回食べたのは和久傳グループの「はしたて」で出している「炙り鯖寿司」。

テイクアウトで♪


あぶりサバ寿司 

これは正直参りました。
いや、美味しすぎて!

実はアタクシ、生魚がちょっと苦手なんですよねー(-"-)
なので、「いづう」のを食べた時も、正直「生臭いかも??」なんて思ってしまいました。

しかーし、「はしたて」さんの炙り鯖寿司は皮目をほどよく炙ってあるのでイヤな臭みがなく、 代わりに香ばしさが立ち、舌にのっけたときに心地よい脂気がじんわりと広がるのです

「お!脂のってるねー」って感じの旨いです。

生魚が苦手な人に「うまい!」と感じさせるなんて、相当が新鮮かつ職人さんの腕がないと できないことなんじゃないかなー。
これはあっ晴れですよ。

このお店は西湖というレンコン餅も有名なんで、ついでに買ってみました。

西湖 

これも美味しい

レンコンの澱粉と和三盆を練り合わせて作ったお餅だそうで、わらび餅と寒天の中間のような食感。
ぷるんって感じ。

和三盆が上品でいいお味です。


・・・・・・・・さて、所変わってこちらは中村藤吉お茶で有名なお店ですね。
とくにお茶を使った甘味が女子に人気なので、ジェイアールSUVACOのお店はいつも人が並んでます。

しかーし、MIKIMOは甘味ではなくにしんそばが食べたかったのだ。

ニシンそば 


中村藤吉のはにしんそばそばなのね
だから食べたかったのですよ。

正直にしんそばを初めて食べた時は「( ̄_J ̄)ん?」って思いました。

身欠きにしんの甘露煮そばが合うのかというと「うーん・・・・・・・。どうなの?」

甘露煮はごはんと一緒に食べるのが一番美味しいし、そばつゆがしょっぱいのにそれ入れちゃう??みたいな。

でもにしんそばならさっぱり食べれるのではないか?そしてせっかく京都に来たんだから京都名物食べなきゃ損だわ!なんて思いまして。

中村藤吉さんのにしんそばはやっぱり正解でした

正直それほどお茶の香りはしないけれど、心なしかさっぱり感があるし、大根おろしトッピングされてるのでにしんのしつこさもウマい具合に消してくれる。

おつゆは京風の薄味で、にしんも丁度いい甘じょっぱさです。

ちなみににしんそばは京都だけじゃなくて北海道でも食べられてます。

その昔、北海道で獲れたニシンが北前船で京都にやってきたとのこと。

京の都は四方が山で囲まれているので、新鮮な魚ではなく魚の加工品を料理に取り入れてきたんですね。

にしんそばしかり、干し鱈を使った芋ぼしかり。

京都のにしんそば発祥は南座の向かいにある松葉さんだそうです。 今度行ってみたいな。


さてさて、では今日の〆はとうふ藤野」の豆乳ドーナツで。

京都は豆腐も美味しいですよね。

藤野のドーナツは小さくって軽くってポイポイ食べれちゃいます。

とうふドーナツ 

油のしつこさがなくて、ふんわりしているのが特徴です。やさし~い

藤野

10個で250円という手軽さもgood

帰りの新幹線や飛行機のおやつにどうどすえ??



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://mikimo777.blog.fc2.com/tb.php/309-8bf751a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。