料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国に行く時の楽しみの一つが食事

参鶏湯焼肉チヂミチゲなどなどホーントにたくさんありすぎて迷ってしまいますヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

とくにMIKIMOが好きなのが

え~!ちょっと滋味なんじゃ・・・・・・・・・なんて焼肉好きの人には言われそうだけどね。

でもねぇ、韓国のお粥はめちゃくちゃバラエティに富んでいて、高麗人参が入っていたり、アワビが入っていたりの豪華バージョンもあるんですよ

アワビ粥は韓国料理の名物になってますよね

コスメで有名なソウルの明洞地区はお粥激戦区で、お粥屋さんの看板があっちにもこっちにもあります。

なので、間違うと具材がチョビッとしか入ってないぼったくりお粥屋さんに入ってしまう危険性あり

今回はきちんと下調べをして口コミを元に行ってきました。

まずはアワビ粥を求めて、明洞の駅近くにあるCongee House(コンジー・ハウス)というお粥専門店に行きました。

じゃじゃん!ザ・アワビ粥


R0012289_convert_20130905134351.jpg 

うわ~い アワビがこれでもか!!っていうくらい乗っかってる~(●^o^●)
 アワビの絨毯だぁ。

アワビ粥は並みだと10000Wで上だと15000W,特上だと20000Wです。

この写真のは15000Wです。ウォンが高くなっちゃったから、だいたい1500円くらい。

アワビの歯ごたえと、深い出汁の味わい。ほのかに香ばしい香りがして美味なり

カボチャ粥も注文しましたよ。

R0012291_convert_20130905134445.jpg 

カボチャとご飯をミキサーにかけてトロ~んとさせたものなので、消化によさそう。

白玉のようなお餅も入っています。トッピングはあんこ。
甘くておいしい。やさしい味。料金は8000Wくらいだったかな?

R0012288_convert_20130905134520.jpg 

ちゃんとノリとかキムチイカの和え物トンチミなどもあるので、お粥といえども立派なお食事です。

ここのお店、内装も綺麗だしおススメ。

さて次に日を変えて、今度は本粥というお店へ。

ここはチェーン店で韓国に1100件以上あるらしいです凄すぎっΣ( ̄ロ ̄||| もしやマックを超えているのでは?

チェーン店だと味はイマイチなのか??という一抹の不安は過ぎりましたが、口コミでわりと美味しいと聞いたのでそれを信じていってきました。


そーいえばまだ松茸粥を食べていないではないか と気づいたので、松茸粥と体にやさしげな小豆粥も注文。

R0012451_convert_20130905151659.jpg 


左下が小豆粥で右が松茸粥

実は韓国ではこのようなハーフ&ハーフでの注文はないんです。

これは取り皿に取り分けた図。

小豆粥は小豆がよ~くすり潰されていて、これまた消化によさそう。

松茸は何本入っているのかわからないくらい、スライス状のがゴロンゴロン入っていました。
贅沢だぁ

あとはお決まりのトンチミ白菜キムチ、そして牛肉の佃煮と細かいイカの和え物のようなもの。

小豆粥は8000Wくらい、松茸粥は10000Wだったよーな。

本当は全種類食べたいところだけど、短い旅行期間には到底無理o(;△;)o

なので、せめてもの慰みにお店に飾ってあるメニュー表を撮って来ました。

本粥のメニュー表


こんなにたくさん!

鶏と人参のお粥、牡蠣粥、タコキムチ粥、エビ粥、ゴマ粥、緑豆粥、松の実粥などなどなどなど・・・・・・。

あー全種類制覇したいっ(● ̄  ̄●) 魅惑のラインナップ

本粥はチェーン店とは思えなくくらい美味しかったです。

日本もお粥の文化なのになんでお粥専門店がないのかなぁ?
ぜったい売れると思うんだけど。

とりあえず、しばらく韓国には行けないので、せめて新大久保の本粥に行こうかな。

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
色々と食べられそうで、

美味しそうですね。

m(__)m
2013/09/05(木) 16:01 | URL | 山崎かずみ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
山崎さん、
コメントありがとうございます。
ホント、いろいろなお粥があって迷います(*^_^*)
2013/09/05(木) 21:24 | URL | MIKIMO #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://mikimo777.blog.fc2.com/tb.php/285-c06c383f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。