料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏、命の洗濯をしに山深い東北へ行ってまいりました。

涼しいのかな?と思いきや、まさかの灼熱
(; ̄□ ̄)

あれれ・・・北国なのにぃ??

まあでも緑が涼しげなので、見た目には爽やかだったんですけどね。

奥入瀬 

こ~んなに爽やか (´- `*)
なかなか都会では見られない光景です

東北の旨いものといえば、例えば稲庭うどん」「きりたんぽ鍋」「ずんだ餅」「牛タン」などなど枚挙にいとまがありませんが、今回は夏なので「盛岡冷麺」を食べてみました。 

キムチ蒸し鶏野菜などが乗っていて具だくさん。


盛岡冷麺  

 
しかし、なんで東北なのに「冷麺」が有名なの?って思いますよね。

冷麺」って朝鮮半島のものなんじゃ・・・と思うはず。

そうなんですよ。もちろん「冷麺」はお隣の朝鮮・韓国からやって来たもの。

朝鮮半島北部から渡ってきた人がなんとか故郷の味を再現したい!と独学で作ったのが始まりで、いまや盛岡名物になりました。

でも韓国冷麺盛岡冷麺はれっきとした違いがあります。

一番の違いは色。 ↓これは盛岡冷麺。

盛岡冷麺2 

韓国冷麺
灰色盛岡冷麺は少し黄味がかった乳白色なんですね。

これは原料の違いで、前者は小麦粉のほかにそば粉でんぷんを使用。

後者はそば粉を使わず、小麦粉でんぷんを入れて強いこしを出しています。

両方とも噛みきれないほどのゴムのような弾力!

スープはさっぱりとした塩味で、のどごし爽やか。やっぱり夏は冷麺ですね。


それから北上して青森県ではせんべい汁を食べました。
 
せんべい汁

見た目は地味~で華やかさはないけれど、やさしく素朴な味。癒されます

入っているせんべいは、南部せんべいのなかでも汁専用に作られたせんべいを使用。
汁を吸ってぶよぶよ~ん、となっていますが、なんともいえない触感が楽しい

青森ではひっつみというすいとんも良く食べられますが、このひっつみの代わりにせんべいを入れたというわけ。

こんなお土産も売っていました↓

せんべい汁2

即席せんべい汁。お湯をかけて3分。 お夜食にも良さそう( ̄ー ̄)C□

そしてお隣の秋田県ではお菓子を所望。

秋田の有名なお菓子といえばもろこ

もろこし  もろこし2 

ところが関東の人にもろこしといっても通じないんですよね。

MIKIMOの両親は秋田出身なので、子供の頃からこの小豆の粉と砂糖を固めた物体をもろこしとして認識していたので、友人などにもろこしと言って「なにそれ?」と返されたときには多少びっくりしましたΣ( ̄ロ ̄|||

関東の人にはらくがんというと通じるのね。

もろこしは漢字で書くと諸越唐土

その昔、お殿様が「々の菓子をえて風味良し」と絶賛したことから名づけられたそうな。 

素朴でほっとするお菓子です

さて、最後に南下して仙台へ。

仙台ではやっぱり有名なのが牛タンでしょうね

おにぎり屋さんで「牛タンおむすび」を買っちゃいました。

牛タンおにぎり

甘しょっぱい牛タンがおにぎりのイイ具になっていましたよ。
 


ああ、もっとたくさん東北名物を食べたかったけどタイムリミット

東北は自然が美しく、人も食べ物も素朴で温かい所です

また行きたいな♪ がんばれ東北!



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://mikimo777.blog.fc2.com/tb.php/224-0856e2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。