料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2013/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2013/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タージャーハオ

今日はMIKIMOの好きな東方美人のお話をちょこっと

東方美人台湾の代表的な青茶ですね。

青茶というのは発酵を途中で止めた半発酵茶の分類で、烏龍茶がその代表です。

東方美人烏龍茶の一つで、香りがいいので香檳烏龍(シャンピンウーロン)とも言われています

台湾北部で作られる、この東方美人

茶の香りを嗅げば、甘く芳しい蜜香にうっとり、味わえばその円やかな口当たりに癒されます

さて、なんでこんなに甘く丸みをおびた烏龍茶ができるのかというと、その秘密は害虫のウンカにあります。

えーっ害虫なんてもってのほかじゃんって思いますよねぇ。

そりゃ、最初に作った人も、害虫でやられた茶葉がもったいないから、しかたなくそれを使うしかなかったんです。

でも通常であれば使い物にならないその茶葉を使って烏龍茶を作ったら、なーんと今までにない芳しい香りの絶品烏龍茶になってしまったんですよ。

こういう話って食べ物の世界ではよくありますよね。
貴腐ワインなんかもそれですね。苦肉の策で作った偶然の産物。

この絶品烏龍茶はヨーロッパでもてはやされ、嘘かホントか微妙ですが、ビクトリア女王オリエンタル・ビューティと名付けたんだとか。
で、それを訳して東方美人になったというわけ。

東方美人1 

茶葉はこんな形。

東方美人は一芯二葉の若芽を摘んでいるのでとても柔らかく、揉捻の作業も優しーくするのです。

あんまりくるっくるに揉捻すると、苦味が出てしまい、東方美人本来の甘さが出ないんだとか。

色をよーく見てください。の五色を持っていますね。わかるかな??

なので、五色茶とも呼ばれていますよ。 


ウンカは夏にやって来ますが、ちゃんと来てくれるかどうかは自然現象でわからないので、茶農園の人も大変らしい。

しかもウンカに来てもらうために無農薬で作らなくてはならないから、雑草が生えてしまい、手作業の除草にも一苦労。

この東方美人、どこでも作れるのかというとそうではなく、中国でも研究して作っているらしいですが、やはり台湾産の東方美人と比べたら雲泥の差のようです。

東方美人5

水色はこんな感じ。美しい琥珀色をしています

この写真は台湾人の後輩にいただいた、LUPICIAの古式龍眼焙煎東方美人というお茶です
なんかネーミングに圧倒されますね。
どんな焙煎方法なんだか・・・。

東方美人3 

これ、今なかなか手に入らないらしくとっても貴重みたい。
味も香りもすごくイイです

東方美人2 

謝謝
とっても美味しかったでーす
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。