料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、いちご煮というのはご存知でしょうか。

もちろん、苺を煮たものではなく・・・・・、

三陸海岸の郷土料理で、アワビ雲丹を使った贅沢なお吸い物です

アワビの青みがかった煮汁の中に、雲丹の卵巣がまるで朝露に濡れた野苺のようだ・・・・」、ということで名づけられたそうです。
まぁ、なんて美しい表現

ず~っと食べてみたくて、夏に東北へ行った際にお土産で買ってきました。

いちご煮 

↑これです

いつかご飯と一緒に炊いてみよう!と思って、温存しておりました。

夏も過ぎ、めっきり寒くなって、ようやくご飯モードになってきたので、今日はいよいよ炊いてみることに。

1個700円ほどの決して安くはない缶詰を大事にコキコキ開けてみました。

すると・・・・。

うわっ 少なっ

う~ん・・・・(; ̄ー ̄)...

これは中身が高価だから少ないのか、それとも震災の影響で少なくなったのか。

震災以前に買ったことがないので、真相はわからないのですが・・・。


まぁ、でもご飯と炊けばカサ増しになるさ!ってことで、ご飯1合に対し、この缶詰を1缶入れ、生姜の千切りを加えてそのまま炊飯器へ。

蒸気とともに、磯の香りがふわぁっと漂って、期待が高まります。


さて、炊飯器がカチっと鳴って、出来上がり~



いちご煮の炊き込みご飯 

うわ~い アワビ雲丹の出汁がご飯に浸みて、とってもイイお味です。

生姜を入れたのも正解!丁度よいアクセントになって、ますますご飯が進みます

これは旨い!また東北に行ったら是非買おう、と思いましたよ。

三陸の皆さん、ガンバって 


スポンサーサイト
ゴーヤチャンプルーって最初はあまり魅力を感じなかったんです

正直、あまり美味しいと思ったことがなかったんですね(ーー゛)
だから、沖縄に行ったときも敢えて食べなかったし、自分でもあまり作りたいと思わなかったんですよ

ですがっ

MIKIMOの友人・沖縄出身のAさんに教えてもらったとおりに作ったら、とおっても美味しかったんですよ!(^^)!
さすが沖縄人

こんなに美味しいんだったら、沖縄で食べておけば良かったなぁ

そうそう、主役のゴーヤってビタミンCがものすごく豊富なんですよね
って事は、美肌にもいいし、疲労回復にも効果あり
それに、カリウムも豊富で余分な塩分を排出してくれるし、血糖値を下げる効果も期待できます。

ゴーヤチャンプルーはゴーヤ以外に、「豚肉、豆腐、卵」の動物性・植物性たんぱく質もがっつり入るので、栄養たっぷり

ゴーヤチャンプルーを食べて、暑い夏を乗り切りましょう(^o^)/


ゴーヤチャンプルー


ゴーヤチャンプルー1 


【材料】(2人分)
ゴーヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・1/2丁
豚肉うすぎり・・・・・・・・・・・・・50g
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・・・少々
ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量


【作り方】
①豆腐は重石をして、30分くらい水切りする。
②2/3くらいの厚さになったらさいの目に切る。
③豚肉は醤油小さじ1/2と酒で下味をつける。
④ゴーヤは薄切りにし、軽く塩でもんで、水にさらす。
⑤卵は溶きほぐし、軽く塩・こしょうする。
⑥フライパンを熱し、ごま油を入れ、豆腐を焼く。
⑦表面に焼き色がついたら、取り出す。
⑧豚肉を炒め、半分くらい火が通ったら、よく水気をきったゴーヤを加える。
⑨豆腐を戻し入れ、残りの醤油、塩、こしょうで調味し、卵を回し入れ、
  半熟程度になったら火からおろす。
⑩皿に盛り、かつお節をたっぷりかける。


*お豆腐は本来なら島豆腐がいいのですが、本州ではあまり普通には売っていないので、
  木綿豆腐で代用しました。水切りが面倒な場合は、焼豆腐をつかってください。


本日は~安くて・栄養があって・おもてなし料理にもなるレシピを
ご紹介しまーす(●^o^●)

その主役は、ワ・カ・メ

大体家庭にあるのは乾燥のワカメだと思うけど、そのままお味噌汁に入れたり、水で戻して酢の物サラダになったり、本当にお役立ちな食材ですよね。

しかも海のミネラルたっぷりで、健康的

食物繊維が豊富で便秘も解消してくれるし、抗がん作用老化・骨粗しょう症の予防血圧降下分代謝の促進などその効能は数知れず。
そしてカロリーは、ほぼ0kcal おおっ ダイエッターにはたまらない数字

こんな夢のような食材を使わずしてどうする

ワカメってちょっと地味だけど、油揚げ
でやさしく巻いて、今日は少し小洒落てみましょうか



ワカメの信田巻

ワカメの信田巻1 

【材料】(2人分)
乾燥ワカメ・・・・・・・・・・・・・・5g
油揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
豚肉薄切り・・・・・・・・・・・・・・4枚
かんぴょう・・・・・・・・・・・・・・・90cm
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ2
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
さとう・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1強
粉末かつおだし・・・・・・・・・・少々
薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・少々


【作り方】
①かんぴょうは軽く洗い、水に10分つけて、15cm長さに切る。ワカメは水でもどしておく。
②油揚げは熱湯をかけて余分な油を流す。3辺を切り落とし、中を開く。
③開いた油揚げの内側に薄力粉を少しはたき、豚のうすぎりを並べる。
④ワカメの水気をしぼり、③の上にのせてくるくる巻く。
⑤かんぴょうで④を3箇所ずつしばる。
⑥鍋に水、酒、さとう、しょうゆ、かつおだし、⑤を巻き終わりを下にして入れ、
  落し蓋をして中火にかける。
⑦12分ほどして、かんぴょうがやわらかくなったら火を止める。
⑧あら熱がとれたら、3つに切り分ける。


*かんぴょうの縛った箇所は火が通りにくいので、途中で裏返しましょう。

*「信田巻」とは油揚げを使って肉や野菜等を巻いた料理のことです。



これ、ダイエットご飯のかさ増しをするために作ったものなんだけど、意外と美味しかったのでレシピに入れちゃいます(*^_^*)

大根ビタミンワカメミネラルもたっぷり摂れるので、ダイエット中の栄養不足も解消

大根甘みワカメ磯の香りがやさしい美味しいご飯ですよ。

ダイエットじゃなくても、是非作ってみてね



大根ワカメご飯


大根ワカメご飯1 

【材料】
米・・・・・・・・・・・・・・・・カップ1
大根・・・・・・・・・・・・・・120g
ワカメ(乾燥)・・・・・・・・2g
酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
みりん・・・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・・・1g
しょうゆ・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
出汁の素・・・・・・・・・・少々
白ごま・・・・・・・・・・・・適宜


【作り方】
①米をとぎ、吸水させておく。
②大根は3cm長さのマッチ棒くらいの太さにカットする。
③ワカメは水で戻し、10倍くらいになったら水気をしぼる。
④炊飯器に米を入れ、通常の分量よりやや少なめに水を入れる。
⑤調味料を全て入れ、良く混ぜる。
⑥ワカメと大根を加え、炊く。
⑦炊き上がったらシャモジで混ぜ、お椀によそい、白ごまをふりかける。





皆さんはお味噌汁を毎日食べますか?
MIKIMOは食べませ~ん・・・・って、威張るところじゃないよ

味噌汁って昔は毎日食卓に出てたけど、なんだか作るの面倒くさくって。
別に、お茶とかお水とかでいいかな、なんて・・・(^_^;) 非国民だな・・・。
最近は、ご飯以外のものを食べる人も増えていて、当然のことながら、ご飯を食べないとお味噌汁も作らなくなりますよね。

なので、せっかくお味噌を買っても使い切らずに捨ててしまう、なんてことも。

そこで、じゃじゃーん
使い切れないお味噌の救世主が現れましたよ

それは、
み・そ・ど・こ
つまり、「味噌床ですよ。

か~んたんに作れる味噌床に、野菜、ゆで卵、お豆腐、魚、お肉などを漬けておけば、
いつもと違った味わいに

早速作ってみましょう


簡単みそ漬

みそ漬1 

【材料】
合わせ味噌・・・・・・・・・・・・・・・・400g
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ1/3
豆板醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ

漬ける材料
  野菜、ゆで卵、豆腐、肉、魚など

【作り方】
①ボールに合わせ味噌、酒、豆板醤、にんにくのスライスを入れ、良く混ぜる。
②冷蔵庫で半日ほどなじませる。
③好みの材料を漬ける。
④ほどよく漬かったら、水で洗う。


*野菜はすぐに漬かるので、30分くらいで食べごろです。1日くらい漬けると沢庵くらいの
  塩気になります。

*味噌床を使う順は、野菜→豆腐→ゆで卵→肉→魚がベストです。
  くれぐれも一緒に漬けないように!

*豆腐、ゆで卵は、1時間~3時間くらいが食べごろ。酒の肴にするなら、半日以上でも可。

*肉、魚は1時間くらい漬けてから味噌を洗い流して焼きましょう。
 


ゆで卵みそ漬1  みそ漬の鰤1
ゆで卵バージョン          白身魚バージョン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。