料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた大好きな韓国へ行ってきました

しかーし、今回はソウルではなく、南へ

まずは釜山

港町なので、もちろん海鮮がマシッソヨ~♪

チャガアルチ1


 チャガルチ2

チャガルチ3 

↑は有名なチャガルチ市場

大きいビルの1Fすべてが魚屋さんです。
ここで買って2Fの食堂で調理してくれます。

しかし、今回はパス。

その代り、ビーチが有名な海雲台のレストランでナクチポックンを食べました。

ナクチポックンとはタコの甘辛炒め煮です。

ナクチ=タコですね

ソウルのナクチポックンはかなり辛いらしいですが、釜山のはそれほど辛くないのが特徴です。

でも日本人の私にとっちゃあ、それでも辛かったけどね。

ナクチポックン1 

まずはこんな感じでたっぷりの野菜・タコ・春雨にタレがかかって出てきます。
トックものっかってるわ♪

火にかけて炒め煮にします。

ナクチポックン2 

そーすると、こんな風に変身。野菜がたっぷりだから汁っぽくなります。

これをまずはこのまま食べるか、ご飯にかけて食します。

タコはイイダコなのでクニュッとした食感。


ハフハフしながらいただきます。旨し!辛し!


で、お次は。。。

ナクチポックン3

やはりこー来たかって感じですね。

ご飯を入れて炒めます。鍋についた部分がやや焦げて香ばしい(^◇^)

釜山に来たら絶対これを食べたかったので、とりあえずミッションクリア



釜山ではテジクッパも有名ですが、釜山ではなく次の移動先、大邱で食べました。

テジクッパ1 


これでーす。よーするに豚骨スープ

クッパというと汁物の中にすでにご飯が入っているイメージですが、割とテジクッパはご飯と別々で出てくることが多いみたいです。

中には豚肉のスライスがいっぱい入っています。


この豚骨スープに右上のアミの塩辛タデギという薬味を入れていただきます。

テジクッパ2 

ニラのキムチものっけて混ぜ混ぜするのだ (*´∀`人 ♪

何も入れないととっても薄いスープなんですが、薬味を入れるとすんごい深い味わいになります。

日本の豚骨ラーメンの味を想像してはいけない。全然別物です。

すごくさっぱり。そしてこの上なく深い味わい

やばいです。私の食べた韓国料理の中で1,2を争うくらい旨い!!

あー美味しかった。世は満足じゃ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

韓国料理に舌鼓を打ち、チムジルバンで体を温め、この日のミッションは終了。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


さて、翌日

大邱の在来市場を散策したりして、ランチは豚の背骨をぐつぐつ煮込んだトゥッペギ

トゥッペギ 


トゥッペギというのは韓国式の黒い土鍋で、直接火にかけられる1~2人前の鍋です。

豚の背骨にお肉がたっぷりついてます。白菜の古漬けといっしょにピリ辛に煮込んであります。

う~ん、見た目もワイルド。味もちょっと豚臭さがあるので、こしょうをたっぷりかけるのが美味しいです。

おかずはカクテギと玉ねぎの醤油漬けと生の青唐辛子。唐辛子はほとんど辛くなくてピーマンみたい。

やっぱりこーゆうの食べてるから韓国人は元気なんだなーと納得。




さてお腹が満たされたところで次の目的地、慶州へ。

慶州は日本でいうと奈良みたいなところで新羅の首都だった場所です。

古墳があちこちにあってなかなかの光景です。

しかーし、雨が降ってきちゃったよ(T_T)

本当は時代劇のドラマセットがテーマパークになった「新羅ミレニアムパーク」に行きたかったんだけど、この雨じゃね。。。

で、予定変更して国立博物館で古墳からの出土品などを鑑賞。

国立博物館 

雨が降ったせいで夜はめっちゃ寒かったよ(;_;)

でも夜景がキレイ

慶州夜景1 

夜景撮るのに夢中だったけど、さ、さ、さ、寒い( ;∀;)

あぁ、あったかい物食べて体を温めないと死ぬ。。。。

ガイドブックにも載っているお店でファンテへジャンクッを注文。

へジャンクッとは「酔い覚ましのスープ」の意味で、二日酔いの胃に優しいスープだそうです。

ま、私は下戸なんで酔い覚ましだろうが何だろうがどーでもいいんですが、とにかくここのファンテへジャンクッが美味しいとのことでやってまいりました。


ファンテへジャンク1  

うわー!パンチャン(おかず)がいっぱい出てきましたよ。

確か14種類くらい。太っ腹です。

パンチャンに押されてファンテへジャンクッの存在感が無い(+_+)


いや、でもやはり食べてみたらとても美味しかったですよ。

なんていうか、とても柔らかいファンテ(干鱈)の旨みと香り。

ほのかな甘味も加わってまさに胃にやさしいスープ。

おかずに辛い物もたくさんあるから、スープがイイ感じに中和してくれて全体的にうまくバランスが取れた食事。

恐るべし、韓国料理。素晴らしすぎます

体が温まったところでこの日のお宿へ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・




さて翌日は釜山へ戻り、最後の夜はちょっと贅沢してアワビ専門店へ。

済州島出身のオモニがオーナーさんらしいです。


大好きなアワビ粥

アワビ粥  

そしてウニとワカメのスープ。済州島名物みたい。

ウニとわかめのスープ


日本にもウニが入った「いちご煮」ってあるけど、こんなにウニがゴロゴロ入ってないよね。

贅沢だぁ。アワビ粥もウニとワカメのスープも確か15000Wくらいだったからそんなに高くはないです。

アワビのバター焼き  

アワビのバター焼も頼んでしまった。

これはさすがに30000W。アワビやわらか~い(*^-^*)




いやはや、今回の旅では素朴な韓国料理を中心に食しましたが、本当に韓国料理の奥深さに感銘を受けました。

とにかく体にいい!毎食キムチを食べていたせいか、胃の調子も良かったし。

まだまだ開拓の余地あり。もっと韓国料理を知りたい!


また来年も行くことをここに誓います(^^)/



スポンサーサイト
韓国に行く時の楽しみの一つが食事

参鶏湯焼肉チヂミチゲなどなどホーントにたくさんありすぎて迷ってしまいますヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

とくにMIKIMOが好きなのが

え~!ちょっと滋味なんじゃ・・・・・・・・・なんて焼肉好きの人には言われそうだけどね。

でもねぇ、韓国のお粥はめちゃくちゃバラエティに富んでいて、高麗人参が入っていたり、アワビが入っていたりの豪華バージョンもあるんですよ

アワビ粥は韓国料理の名物になってますよね

コスメで有名なソウルの明洞地区はお粥激戦区で、お粥屋さんの看板があっちにもこっちにもあります。

なので、間違うと具材がチョビッとしか入ってないぼったくりお粥屋さんに入ってしまう危険性あり

今回はきちんと下調べをして口コミを元に行ってきました。

まずはアワビ粥を求めて、明洞の駅近くにあるCongee House(コンジー・ハウス)というお粥専門店に行きました。

じゃじゃん!ザ・アワビ粥


R0012289_convert_20130905134351.jpg 

うわ~い アワビがこれでもか!!っていうくらい乗っかってる~(●^o^●)
 アワビの絨毯だぁ。

アワビ粥は並みだと10000Wで上だと15000W,特上だと20000Wです。

この写真のは15000Wです。ウォンが高くなっちゃったから、だいたい1500円くらい。

アワビの歯ごたえと、深い出汁の味わい。ほのかに香ばしい香りがして美味なり

カボチャ粥も注文しましたよ。

R0012291_convert_20130905134445.jpg 

カボチャとご飯をミキサーにかけてトロ~んとさせたものなので、消化によさそう。

白玉のようなお餅も入っています。トッピングはあんこ。
甘くておいしい。やさしい味。料金は8000Wくらいだったかな?

R0012288_convert_20130905134520.jpg 

ちゃんとノリとかキムチイカの和え物トンチミなどもあるので、お粥といえども立派なお食事です。

ここのお店、内装も綺麗だしおススメ。

さて次に日を変えて、今度は本粥というお店へ。

ここはチェーン店で韓国に1100件以上あるらしいです凄すぎっΣ( ̄ロ ̄||| もしやマックを超えているのでは?

チェーン店だと味はイマイチなのか??という一抹の不安は過ぎりましたが、口コミでわりと美味しいと聞いたのでそれを信じていってきました。


そーいえばまだ松茸粥を食べていないではないか と気づいたので、松茸粥と体にやさしげな小豆粥も注文。

R0012451_convert_20130905151659.jpg 


左下が小豆粥で右が松茸粥

実は韓国ではこのようなハーフ&ハーフでの注文はないんです。

これは取り皿に取り分けた図。

小豆粥は小豆がよ~くすり潰されていて、これまた消化によさそう。

松茸は何本入っているのかわからないくらい、スライス状のがゴロンゴロン入っていました。
贅沢だぁ

あとはお決まりのトンチミ白菜キムチ、そして牛肉の佃煮と細かいイカの和え物のようなもの。

小豆粥は8000Wくらい、松茸粥は10000Wだったよーな。

本当は全種類食べたいところだけど、短い旅行期間には到底無理o(;△;)o

なので、せめてもの慰みにお店に飾ってあるメニュー表を撮って来ました。

本粥のメニュー表


こんなにたくさん!

鶏と人参のお粥、牡蠣粥、タコキムチ粥、エビ粥、ゴマ粥、緑豆粥、松の実粥などなどなどなど・・・・・・。

あー全種類制覇したいっ(● ̄  ̄●) 魅惑のラインナップ

本粥はチェーン店とは思えなくくらい美味しかったです。

日本もお粥の文化なのになんでお粥専門店がないのかなぁ?
ぜったい売れると思うんだけど。

とりあえず、しばらく韓国には行けないので、せめて新大久保の本粥に行こうかな。

ちなたではマッコリ・ブームがしばらく続いてますね。

1年前くらい?それとも数年前からかな?

韓国のマッコリ輸出先を見ると、80%以上が日本だそうです。

昨年からグンちゃんがCMしたり、以前はそれほどなかったのに今ではスーパーでも数種類のマッコリが置いてあるのを目にします。

MIKIMOも下戸なのにマッコリだけは美容のために飲んでいます。

そう 美容にいいんです

なぜならば、マッコリには乳酸菌がい~っぱい含まれているからなんですね。

どんだけ含まれているかというと、生マッコリに関しては最大で1本(750ml)あたり約80億個もあるんだとか。

しかも、アミノ酸ややビタミンB群も豊富。

それだったら普通のお酒飲むよりマッコリ飲んだほうがお得ですよね。

そして、マッコリ飲むなら普通のマッコリより断然がおススメです。

味も爽やかで美味しいし、何と言っても加熱処理してないので、保存している間も発酵が続いており、乳酸菌が元気に生きています。

MIKIMOが大好きなのは、緑のボトルでおなじみの クッスンダン・生マッコリ

これは普通のマッコリが苦手な方も好きになるのではと思います。

爽やかな酸味と甘みのバランスが良く、微炭酸が心地いい(´- `*)







でも、これなかなか普通のスーパーでは置いてないのですよ。

韓国食材店でしか今はないかも


やっぱりなので、保存が難しいから大型のスーパーは嫌がるんでしょうね。

ちなみに、日本ではマッコリっていうけど、韓国語の発音としてはマッコルリなんです。

マッが「粗雑に」コルリが「漉す」を意味します。

なので、「粗く漉したお酒」ということ。

「粗く漉した」ということは作り方も割と簡単で、昔は家庭で作られていたそうです。

特に、農作業の合間に飲んでいたということで、「農酒(ノンジュ)」とも言われています。

やかんに入れて、茶碗のようなものでグビグビと飲んでいたようですよ

今でも韓国料理店ではそういったカジュアルなスタイルで出すところもあるようですね。

原材料は米・小麦粉・ジャガイモ・トウモロコシなどで、それにを入れて発酵させています。

アルコール度数は6~8%くらい。ビールに毛が生えたようなものかな。

今ではフルーツ系やら黒豆やらいろいろなマッコリが出ていて、それぞれ試すのも面白いですね。

美容や健康のために、たまにはマッコリいかがでしょうか?  

( ^^) _U マッコルリ・チュセヨ~



先日は韓国宮廷料理をご紹介しましたが・・・今日は庶民的な料理の数々をお披露目しちゃいまーす

ある日の夕食 さて、これは?

アグチム 

どどーん  なんつー迫力 エアーズロックか

これはアグチムといってアンコウもやしを煮つけた激辛料理です

しかしこれ何人前なのよ?(-"-)  優に1.5kgはありましたよ・・

でもアンコウからイイお出汁が出ていて、とっても美味しかったよ~♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

お次は?

カムジャタン 

斜めからちょっとスタイリッシュに撮ってみました♪

これはカムジャタンですね。

豚の背肉ジャガイモを煮た辛い鍋です。
上に山椒がいっぱいかかっているのわかりますか?

いろんな辛さがあってうま味たっぷり

海鮮パジョン 

これは皆大好き、パジョンです。

海鮮パジョンでイカがモリモリ入ってます。

パジョンチヂミともいいますが、ネギという意味なので、ネギ入りなのをパジョンと呼びます。

韓国料理・前菜  

韓国料理のお店に行くと、必ずこのようなおかずが出てきますね。

今回は5種類出てきました。
左上から時計回りに、茸のナムル・ホウレンソウのナムル・白菜キムチ・もやしのナムル・キュウリのナムル
このおかずだけでも満足だわぁ。
 
美味しかったぁ。そして、おやすみなさい

・・・・・・zzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・・zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・・・・・・・・

さて、翌日の朝食

24時間営業のキンパプ天国でいただきました。
ここはとりあえず色々な韓国料理を手軽に食べたい人におススメ。
チェーン店であちこちにあるから、旅行者にとっては助かるわぁ♪


あわび粥(チョンボクチュ) 

これ食べたかったのよね~♪

あわび粥です。

あわびをお粥に入れるなんて、なんと贅沢な!!

でも韓国では済州島でたくさんあわびが獲れるので、安いんです。

これで400円もしないのよ~。素敵

↓は韓国風のりまき、キンパプです。

キンパ

龍のごとく、お皿に乗ってます!

カンパ中身 
中身はこんな感じ。

五目のを頼んだので、いろいろ入ってます。

沢庵・卵焼き・キムチ・ナムル・牛肉とか。







かぼちゃ粥2 

これは宮廷料理にも出てきた、かぼちゃ粥ですね

スンドゥブ 

これは日本でも流行ったスンドゥブです。

真っ赤なスープの中に優しい味の豆腐が入ってますよ


朝食が終わって~・・・、王女様になるコスプレもして~(うぷぷ、これは)・・・・・、いろいろ楽しんで~・・・・・

今度はティータイム

仁寺洞(インサドン)にある伝統茶のお店でいただきました

仁寺洞って大好き~

ここは韓国の古き良き伝統文化を守る界隈で、お茶屋さん・韓国陶磁器や韓紙のお店などなどお土産物屋さんがいっぱいあって、購買意欲をそそられます。

で、伝統茶ってどんなの~? 

伝統茶看板 

こんなの~。

これ、お店の看板です。

見ての通り、果物を使ったお茶が多いんですね。
韓国の伝統茶というと、緑茶ではなくこのような果物の甘いお茶を指します
  

ナツメ茶    オミジャ茶 
↑ ナツメ茶                     ↑五味子茶(オミジャ茶) 
 
ナツメはわかると思うけど、五味子ってわかりますか?

丁度、お店の近くに五味子の乾燥したものが売っていたので買ってきました。

↓これです。 

五味子 
五味子は甘酸っぱい木の実で、ビタミンCが豊富。

なので、風邪予防・咳止に効果があります。

もちろん、美肌効果もありますよ~

ちなみにナツメ鉄分などミネラルが豊富で、貧血疲労回復老化防止などに役立ちます。


韓国のお茶って体にイイものばっかりで嬉しい d(゚∀゚)b

ぜんざい等  

これらは、お茶うけ。韓国のぜんざい菓子です。

ぜんざいは日本のモノにとても似ていますね。
でも違うところは松の実など木の実がトッピングされているところかな。

干し柿のお菓子 

真ん中のお菓子は干し柿の中にクルミを入れて巻いて輪切りにしたもの。

上はもち米を油で揚げたお菓子。 これも宮廷料理の時に出てきましたね。

しかし、なぜ普通のクッキーが・・・?ま、いっか 


韓国のお菓子  

↑仁寺洞で茶菓子も買ってきました。

左は中国や日本でもよくあるような、ナッツを飴で固めたお菓子。
胡麻・アーモンド・かぼちゃの種など。

右は揚げ菓子で、ちょっと油ギッシュなんだけど、味はイイです。
柔らかいかりんとうみたいな感じ。

くるみ饅頭2    くるみ饅頭う 

これはライ麦入りのクルミ饅頭(ホドゥクァジャ)です。
ちゃんとクルミのフォルムをしてます。可愛い

パッケージの箱も韓国らしくてお洒落~

購入したお店はホミルホドゥといって、アシアナ航空の機内食でもこのお菓子を出してるんですよ。


・・・っと駆け足で、今回出会った韓国の料理・お茶・お菓子をご紹介しました。

ますます韓国に魅力を感じ、そしてもっと色々な料理を味わってみたいぞ!と思いました。

次回はどんな料理に出会えるかな~(●^o^●)

とっても楽しみです 


 

皆様お久しぶりです♪

随分と更新してないじゃん(ー_ー)!! って思ってる方、ミアネヨ~。

ちょっくらくんだりまで行ってたもんで

今回は、韓国で歴史を体験するというセミナーに参加してたんだけど、そこで憧れの宮廷料理を食べてきました♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

まあ、宮廷料理なんて日本でも食べられますが、料理研究家(自称?)としてはやっぱり本場で食べないと!!と思ってね

訪れたのは、コリアハウスという地下鉄3・4号線の忠武路駅から徒歩1分ほどの所にある複合文化施設です。

ここは、伝統的な韓屋づくりになっていて、第4代国王・世宗大王の時代に活躍したパク・ペンニョンという学者の私邸だったそうです。
迎賓館として使用されていた時代もありましたが、今では伝統料理・伝統芸能・婚礼など様々に楽しめる施設となっています。

ドラマの撮影なども良く行われているようですよ~

コリアハウス 



コリアハウス2 

なかなか素敵ですよね

ではでは、さっそく宮廷料理のご紹介をo(^▽^)o

まずは前菜から

宮廷・前菜2 

左奥は白菜キムチ、右はトンチミ(水キムチ)です。
このトンチミ美味しかった~
汁が特に絶品で、大根やにんにくの出汁がよ~く出ていました。
すごくサッパリ、でもコクのあるお味

下のお皿、左は高麗人参ナツメを千切りにしてハチミツで和えたもの、右は海老キュウリの和え物です。

高麗人参って苦いし臭いし・・・っていう人も多いみたいだけど、この和え物はとても美味しいですよ!

高麗人参ハチミツの甘さがすごくよくマッチングするんです(^ ^)v

そういえば、高麗人参の天ぷらにハチミツをつける料理も忠清南道(韓国西部の地域)にあるみたいなので、やはり高麗人参とハチミツはゴールデンコンビなんですね
 
お次は宮廷料理といえばこれ!
九節板(クジョルパン)です。

クジョルパン 


真ん中にあるチョンピョンという餃子の皮のようなものに周りのおかずをのせて巻いて食べます。

おかずは牛肉やら錦糸卵やらナムルやら・・・。

陰陽五行説にのっとって、五色・黒・)のおかずですね。

クジョルパンの中身 クジョルパン・巻
こんな感じに乗せて・・・・・・・・・・・・・巻いて巻いて~~
酢醤油やからし醤油につけて食べます。

そして九節板(クジョルパン)のお隣には五節板(オジョルパン)が出ました。

オジョルパン 

中身は、干し柿・クルミ・胡麻のお菓子・・・・そして一番上は??
ごめんなさい。・゚((T◇T゚)゚・。これ食べてないのでわかりませーん。
タコの干物みたいなものかな?
真ん中は生栗です

これはいわゆる乾き物で、酒のツマミですね。

お酒はマッコリ 右下のどぶろくのような濁り酒です。
酸味・甘味・コクがあって、そこらへんのマッコリとは雲泥の差がありましたよ~。
さすがコリアハウス!

マッコリ 

お次はかぼちゃ粥です。

かぼちゃ粥 

と~っても優しいお味 癒されるわぁ

ジョン 

これはジョンが2種類と真ん中はウナギのかば焼きですね。

そして、チマチョゴリを着たお姉さんが神仙炉(シンソルロ)を取り分けてくれました。

神仙炉とはいわゆる寄せ鍋で、牛肉の出汁を取って作る代表的な宮廷料理です。

写真のような真ん中に穴があいた神仙炉専用の鍋で作ります。
この穴には炭を入れるので温かいまま食べれる鍋になっているんですね。

シンソルロとお姉さん

シンソルロ中身 

↑これが中身。牛肉・卵焼き・人参・筍などなどが入っています。
牛のイイお出汁が出てましたよ♪

お次はアワビ・サザエ・エビの真薯・山芋の醤油煮です。

あわび 

うーん、贅沢ですねぇ(● ̄  ̄●) 

お次は焼き物です。

海物焼き物 

海老とホタテですね

牛肉 

もちろん牛の焼き物もでました

韓国の牛肉は韓牛(ハヌ)と呼ばれていて、うま味があってと~っても美味しいんです

味噌汁とごはん 

ご飯とお味噌汁も出ました。
汁には白菜が入っていて、日本のお味噌汁にそっくり!

和え物 

ご飯のお供♪

ホウレンソウのナムル人参とスルメの辛い和え物大根のお漬物

デザート 

〆はやはりデザート

右はシッケという甘い飲み物。
これはもち米麦芽を加えて発酵させた、さらっとした甘酒のような冷たいドリンクで、消化促進に役立つといわれています。

左のお皿、右のお饅頭はこれまたもち米を発酵させて蒸したもの。ちょっと酸味があって美味しかったです。
左はお茶屋さんで良くみかけるもち米を油で揚げたお菓子。


っとまあ、こんな具合に宮廷料理はい~っぱいのご馳走が出てきます。

実際、当時の王様は五汁十二菜を召し上がっていたそうで・・・・。
その中でもキムチは十二菜の中には数えられないらしく・・・

日本の一汁三菜がとても慎ましく感じられますね~。

ああ、お腹いっぱい! そして、美味しかった!

それにしても宮廷料理だけでもこんなに長い記事になってしまったわ

でも今回のセミナーで味わった料理の数々、もちろんたくさんご紹介したいので、次回のお楽しみに~



お箸  

ご馳走さまでした(*^_^*) 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。