料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社の人から珍しい果物をいただきました
実家の庭に生えていたとのこと。

これ、フェイジョアっていうフルーツです。

フェイジョア 

卵型でコロンとしていて、キウイフルーツよりちょっと小さ目。カワイイ

香りはとても爽やか 林檎みたいな柔らかい甘さの香りです。
 
最初、くれた人も私もこのフルーツの名前がわからなくて・・・。
でも恐る恐る食べてみることにしました。

割ってみると中身はこんな感じ。

フェイジョア中身 

花みたいになっている所がゼリー状で、周りは洋梨みたいに粒粒しています

味はなんというか、少し苦味のある洋梨といったところかな?
 
皮の付近は堅いので、スプーンでくり抜いて食べたほうがいいみたい。

食べごたえはないけど、なかなか面白いです。

南米原産だけど耐寒性もあり、庭木や生け垣にも適しているそうです。
日本で生えているくらいだから、そうなんでしょうね。

「日本では1980年代にキウイフルーツに続く新果実として注目された」とWikiに書いてましたが、そうだったかな??

でもフェイジョアっていうネーミングは何度か聞いたことがある。

そっかぁ、これがフェイジョアだったのねぇ~、となんか感慨深くなりました。

世の中にはいろいろな食材があって楽しいですね

未知なる食材を求めて旅に出ようかなΨ( ̄∇ ̄)Ψ

スポンサーサイト
先日、韓国のスジョンガのレシピをご紹介しましたが、その中でニッキもしくはシナモンを使用しましたね(●^o^●)

しかーし、ニッキシナモンの違いを明記してなかったのでちょっと雑学的に書いてみたいと思います( ..)φ 

まず、ニッキシナモンも同じクスノキ科の樹木で、成分もほとんど同じです

よく日本の店頭で売られているのはシナモンのほうですね。

シナモン 
←これです。だいたい6~7cmくらいの長さ。

細いスティック状になっていて、樹木の表皮を剥がして内側を薄く削り、細長く丸めているのでこのような形状になっています。

特にスリランカ産のセイロンニッケイシナモンと呼びます







 ニッキ 一方ニッキはというと→

樹木の表皮を削って乾燥させたもので、シナモンより大きくてゴツゴツしています。

この写真ので一本分です。
25㎝くらい。デカいっ

ニッキは主にシナニッケイ日本ニッケイなどを指します日本ニッケイは和歌山・高知・九州のごく一部でしか栽培されておらず、樹皮よりも根に強い香りを持つそうです。

ニッキ
は7世紀頃生薬として伝来し、奈良の正倉院にはクローブ・香木とともに保蔵されています



ニッキシナモンも香りは似ていますが、シナモンにはオイゲノールという成分が多く、そのため香りはマイルド。一方ニッキは辛味のある香りが特徴です。
ちなみに京都の八ッ橋に使われているのはニッキですね。

両方とも体への効能としては・・・・・
 ・血流改善
 ・発汗作用
 ・殺菌作用
 ・健胃・整腸作用
 ・糖尿病の改善
 ・高血圧の改善
などが挙げられますよ やはり生薬として大切にされてきたということがわかりますね。

それから、ご存じのとおりシナモンのほうがニッキより数倍お値段が張るのでスジョンガのように大量に使う場合にはニッキのほうが惜しみなく使えますね(*^_^*)

でもニッキってどこで何処で手に入るの??という方は韓国食材店や中華食材店に行くと見つけられるかも。
もしくはやっぱり便利なネット通販がおススメ
 
以上、「シナモンニッキの違い」、雑学編でした(^^)v

世界三大〇〇」について軽~くまとめてみました。ご参考までに★


料理
 フランス料理(西洋圏)・中国料理(アジア圏)・トルコ料理(イスラム圏)

珍味
 フォアグラ・トリュフ・キャビア

  *ちなみに日本三大珍味は(うに・からすみ・このわた)

酒精強化ワイン
 シェリー酒(スペイン)・ポルト酒(ポルトガル)・マデイラ酒(ポルトガル)

貴腐ワイン
 トカイ(ハンガリー)  ソーテルヌ(フランス)
 トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(ドイツ)

ブルーチーズ
 ロックフォール(フランス)・スティルトン(イギリス)・
 ゴルゴンゾーラ(イタリア)


紅茶
 ウバ(スリランカ)・キーマン(中国)・ダージリン(インド)

コーヒー
 ブルーマウンテン(ジャマイカ)・キリマンジャロ(タンザニア)・
 コナ(ハワイ)

スープ
 トムヤンクン(タイ)・ブイヤベース(フランス)・コンソメ(フランス)・
 ボルシチ(ロシア)・ ふかひれスープ(中国)

   *三大スープは上記5つのどれかで決まってないそう。
     ちなみにトムヤンクンは必ずランクインするらしい。

ハム
 
金華火腿(中国)   ハモンセラーノ(スペイン)
 プロシュート・ディ・パルマ(イタリア)

 

 



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。