料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは、牛肉とお醤油って合うんだな~と再確認した料理です。

「え?牛肉大根のスープじゃないの?大根はどこ行っちゃったのよ?」って?
う~ん、大根も大事なんだけど、とにかくここでは置いといて・・・・( ^ ^ )ゞ

で、話の主役の牛肉とお醤油ですがっ

醤油はドバドバ使うわけじゃなく、ほんの味付け程度に入れるだけなんだけど、「このスープは絶対お醤油が決め手だ お醤油じゃなきゃダメだ お醤油でこそ牛肉の味が引き立つんだ」とMIKIMOの味蕾が訴えてました。

でも、このレシピを試してくれた皆さんは、MIKIMOの気持ちがきっとわかってくれるはず

さあ皆さん、牛肉とお醤油の夢のようなマリアージュを是非実感してみてください



牛肉と大根のスープ


牛肉と大根のスープ 


【材料】 (3人分)
牛肉かたまり・・・・・・・・・・・・120g
大根・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g
塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・・少々
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ3
しょうが・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
固形スープの素・・・・・・・・・・1/2個
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

【作り方】
①牛肉と大根は拍子木切りにする。
②牛肉に塩・こしょうで下味をつけ、フライパンに油を熱し、強火で焼き色をつける。
③鍋に水を注ぎ、しょうが、にんにくを入れ、ひと煮立ちしたら牛肉、酒、固形スープの素、
  ローリエを加え、弱火で15分煮る。
④大根、しょうゆを加え、大根がやわらかくなるまで煮込む。
⑤塩、こしょうで味を整え、器に盛り、パセリのみじん切りをちらす。



スポンサーサイト
「日本人は胃腸が弱い」とよく言われますが、例に漏れず、MIKIMOも胃腸がとおっても弱いです 特に、胃が・・・。

で、良く長芋を食べます。

長芋はムチンという成分が胃壁を保護してくれるし、ジアスターゼアミラーゼなど消化酵素が豊富
とっても胃にやさしい食物なんですね

その長芋を、なーんとソースにしちゃいました。
先ほど書いたムチンはたんぱく質の吸収を助けてくれるので、お肉や魚との相性もいいんですね。

なんて優れた食材なんだカンドー



鮭のソテー・長芋ソース



鮭のソテー・長芋ソース 


【材料】(2人分)
鮭・・・・・・・・・・・・・・・・・2切れ
塩・こしょう・・・・・・・・・・・少々

長芋・・・・・・・・・・・・・・・80g
レモン汁・・・・・・・・・・・・小さじ1半
鶏がらスープの素・・・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/4
こしょう・・・・・・・・・・・・・・少々
青海苔・・・・・・・・・・・・・・小さじ1


【作り方】
①長芋ソースを作る。長芋をすりおろし、レモン汁、小さじ1の湯で溶いた鶏がらスープ、
  塩、こしょうで調味し、最後にオリーブオイル、青海苔を混ぜる。
②フライパンを温め、オリーブオイル小さじ2を入れ、塩・こしょうした鮭を皮目からソテーする。
③両面をしっかり焼いたら、ソースを敷いた皿に盛る。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。