料理が好き。健康的な食べ物が好き。 健全な魂は健全な体に宿ります。 多くの人々が「食べること」に興味を持って、健康的な毎日を過ごせますように。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「この料理しょっぱいな~」とか「薄すぎるな~」って感じること、ありますよね?
逆に、「あっ!この味付け丁度いい」って思うことも。
その違いって何なんでしょう

実は、「おいしい」と感じる塩加減は、人間の体液の浸透圧に関係があるのです。

体液の浸透圧は0.9%の食塩水に相当するので、この0.9%に近い味付けを「おいしい」と
感じるんですね。

しかーし、(ー_ー)!!
何でもかんでも0.9%にすればいいってもんじゃあないんです。

例えば、スープや炊き込みご飯など、比較的多く食べるものはそれよりも薄味に
すると、丁度良いと感じます。

それとは反対に、メインディッシュになるような、ステーキ・魚のグリルなどは
濃い目にすると美味しく感じるんですね。


大体このくらいの塩分量を目指すといいかも
    
ステーキ2%
煮もの1~1.3%
炊込みご飯0.6%
スープ0.6~0.9%

あ、でもでも人それぞれ生活習慣が違うので、重労働をする人や運動をする人、
お酒を飲む人は普通の人よりも塩分を欲するし、
デスクワークの人、あまり動かない人、お酒を飲まない人は薄味を好む傾向にあります。

それぞれの習慣にあった塩分量で美味しい料理を作りましょう
でも、塩分の摂りすぎには注意










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。